【東京と地域をつなぐ】”時流”に合った本格焼酎のおいしさ伝える「焼酎アンバサダー」が情報発信!

2018年8月4日(土)ホテルニューオータニ(千代田区紀伊町)で行われた女性限定イベントで、「焼酎アンバサダー」による〈女性におすすめの本格焼酎〉が紹介されました。現代女性に向けて”時流”に合った本格焼酎・泡盛を紹介するスペシャル企画です。《本格焼酎=女性》といえばこの人、焼酎スタイリストyukikoさんが登場し「蔵元公認 焼酎アンバサダー」として女性のナビゲート役を務めました。國酒「焼酎・泡盛」を魅力たっぷり発信するyukikoさんがセレクトした銘柄とは?今回はホテルニューオータニで行われた神楽坂女子倶楽部ランチ会の”焼酎タイム”の様子と合わせて、「蔵元公認 焼酎アンバサダー」の活動・東京女性の焼酎コメントを紹介します!

現代女性のために――”時流”に合った「本格焼酎」の美味しさを紹介!

約80名の女性に向けて、現代女性におすすめの本格焼酎が紹介されました。アンバサダー兼ナビゲーターとして登壇したのは、数々の女性メディアで日本の伝統文化産業「本格焼酎と泡盛」の魅力を伝えている焼酎スタイリストyukikoさんです。ステージ上には、この日のためにyukikoさんが選定した注目の本格焼酎が並びます。

日本のお酒「國酒」として認められている本格焼酎は、現在5000銘柄以上あるといわれています。その中から現代女性の感度に合ったyukikoさんおすすめの銘柄が紹介されると、会場にいる参加者が一気に顔を上げ、真剣な表情で説明に聞き入っていました。

今回、おすすめの本格焼酎として紹介されたのは、佐多宗二商店(鹿児島県)と松露酒造(宮崎県)の芋焼酎です。ファッションスタイリストや商業色彩トレーナーとしても活躍するyukikoさんが、蔵元の代弁者「蔵元公認 焼酎アンバサダー」として現代女性に向けた本格焼酎の美味しさや楽しさを伝えます。

例えば、佐多宗二商店の芋焼酎「本格焼酎 cangoxina(カンゴシナ)」は、2018年大河ドラマ「西郷どん」を見ていた多くの視聴者の声によって2018年限定で生産発売されている商品です。

「この商品の魅力のひとつは、番組をご覧になっていた視聴者の声、つまりエンドユーザーの声がきっかけになって発売された芋焼酎なんです。もしその声が無かったら、今ここには無い商品かもしれません。世の中の皆さんの声によって生まれた芋焼酎、ぜひ飲んでみて下さい」yukikoさんが銘柄のポイントを分かりやすく語ります。

女性の心を掴むyukikoさんの焼酎説明に、会場から「すごく気になる!」「飲んでみたい」と声があがり、すぐにブースに向かう多くの女性の姿が見られました。

”時流”に合った焼酎が女性の心に響く!女性感激の「本格焼酎」の美味しさ

今回の銘柄に対して女性の関心の高さを表すかのように、あっという間にyukikoさんのまわりが人だかりに!ここからは、皆さんから寄せられた感想を一部ご紹介します。

「焼酎は得意ではないけれど、yukikoさんが厳選しておすすめしてくれる銘柄は飲める!不思議!」

「これからも焼酎のことを色々と教えてほしい!yukikoさんありがとう」

「本格焼酎がこんなにも美味しいものだとは初めて知った!」

「yukikoさんセレクトのお酒は本当にどれも美味しい!間違いない!」

「yukikoさんの説明が上手いので、焼酎の世界にすぐに引き込まれてしまう!ついつい耳を傾けたくなる話が満載!」

「一気に女性80名を引き込む力が素晴らしく、焼酎を知らなくてもまずはyukikoさんが語る焼酎をじっくり味わって飲みたくなる」

「今回の焼酎すべて自宅でまた飲みたい!」

「普段焼酎は飲まないけれども、yukikoさんから焼酎を教えてもらったことがきっかけで、”焼酎って奥深い!”と感じた!」

「焼酎は、何を選んだら良いのかわからないので普段飲まないのですが、yukikoさんおすすめの焼酎は美味しくて、欲しい!早速どこで買えるのかチェックしました。今度、友人の家で宅飲み会があるときに買います!」

「yukikoさんが紹介してくれた芋焼酎、さっそく購入しました!届くのが楽しみ!」

「イベント中だけど(笑)、とっても美味しかったのでネットで購入しました!」

「とにかくyukikoさんの商品説明とプレゼンが上手い!お酒は弱いのですが、話を聞いているだけで飲んだ気持ちになれました。今回の銘柄は友人へのプレゼントの時に活用します!」

など、イベント中にインターネットで商品を探して購入している”ほろ酔い女子”も!

銘柄に関しても、多くのコメントが届いています。

「どの銘柄も美味しくて驚いた!これから佐多宗二商店、松露酒造を応援したい」

「佐多宗二商店「カンゴシナ」は自分でも欲しい!」

「松露酒造「夏の松露」は青いボトルとラベルデザインがきれい。最近は凝ったデザインやオシャレ路線のデザインも多く出ているけれども、yukikoさんが解説していたように「夏の松露」のように”焼酎らしさ”が伝わってくるラベルってとても良い!こういう蔵元を応援したい!この夏、飲みます!」

「松露酒造「心水(もとみ)」のラベルが美しい。色づかいもきれいだし、蔵元のセンスを感じる」

「佐多宗二商店「XX(ダブルエックス)晴耕雨読」は上品で滑らか。スルスルと飲めてしまう!」

「同じもろみを使って「不二才」「カンゴシナ」が造られているとは思えないほど個性の違いが感じられて、焼酎って面白い!」

「松露酒造「夏の松露」は深みもあって美味しい。暑い日に飲みたくなる」

「初めて見る「夏の松露」がお気に入り!自宅でも飲みたい!」

「しっかり芋の香りを感じられる佐多宗二商店「不二才」は、自宅でお湯割りか炭酸割りにしたい」

「お酒が強くはないけれども「XX晴耕雨読」は飲める!美味しい!口当たりや香りも良く、焼酎を飲み慣れていない人にもおすすめ。ラベルデザインも素敵」

「松露酒造「心水」が美味しかった!ラベルもきれい。また飲みたい」

最新の焼酎情報を知るなら「焼酎スタイリスト」から!――女性参加者たちが語る、絶対的な信頼度

今回の女性コメントでとにかく多かったのは、焼酎スタイリストyukikoさんへの信頼度の高さを表すコメントです。焼酎を普段飲まない方、お酒が弱い方など焼酎について詳しくはない方も「yukikoさんが紹介する銘柄はとても美味しい」「yukikoさんおすすめの銘柄なら間違いない」という安心感や信頼感があるようです。yukikoさんも皆さんの期待に応えるため、女性の感度に合った銘柄を厳選して紹介されています。

yukikoさんがイベントで紹介した銘柄をご自身のホームパーティー用に購入して、友人や周りの方々にも紹介している女性もいました。「私も絶対に美味しいお酒を友人にすすめたいので、そういう時はyukikoさんから教わった銘柄を紹介しています。だってyukikoさんが私たちに紹介してくれる銘柄は”絶対に美味しい”から(笑)」

別の参加女性は「焼酎の”今”を知るなら、まずは”焼酎スタイリストyukikoさん”。yukikoさんが発信する焼酎情報をチェックしていれば必ず美味しい焼酎に出会えます。”ほろ酔い女子”の心をくすぐる新鮮な情報をいつも教えてくれるんです」と、yukikoさんがイベントやメディアで紹介している銘柄かどうか……という点が、ご自身で焼酎を選ぶ基準になっている方もいました。

yukikoさんの説明を通して、今回は佐多宗二商店・松露酒造のファン、各銘柄のファンになった女性も多くいることでしょう。蔵元にとっても自蔵のファン・銘柄のファンが増えるのは嬉しいはずです。國酒「焼酎・泡盛」を美味しく楽しく飲むためのポイントとして、焼酎スタイリストyukikoさんが発信している情報をチェックをすることが、まずは《女性が焼酎を楽しむための第一ステップ》といっても過言ではないのかもしれません。

この記事をご覧になっている皆さんも佐多宗二商店、松露酒造の上記銘柄を飲んでみてはいかがでしょうか。

焼酎に興味のある方・焼酎や泡盛初心者の皆さんは、ウェブマガジン「焼酎&泡盛スタイル」に掲載しているyukikoさんの関連記事や、yukikoさんの活動が綴られている「國酒・焼酎インスタグラム」を参考にして、お酒を選ぶのも”間違いがない方法”なのかもしれませんね。

 

■焼酎スタイリストyukikoさんの「國酒・焼酎インスタグラム」は《こちら》から
( #焼酎スタイリスト #焼酎泡盛スタイル からも検索できます)

(クリックすると焼酎スタイリストyukikoさんの「焼酎Instagram」が見られます)

【文】mayuko【撮影】YUKARI
【焼酎アンバサダー、ナビゲーター】yukiko(ユキコ / 焼酎スタイリスト、ファッションスタイリスト)
【会場】ホテルニューオータニ/神楽坂女子倶楽部
【國酒企画協力・お問合先】色彩総合プロデュース「スタイル プロモーション」

※写真の無断転用、二次使用はお断り致しております。ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。
※焼酎イベントや商品PR、販促支援に関するご相談は、
焼酎スタイリストyukiko氏(スタイルプロモーション)に直接ご相談下さい。

 

《焼酎女子旅やプレゼント応募、イベント参加もできるコミュニティサイト》

「焼酎&泡盛応援メンバー登録」はこちら

現在それぞれ1,000人以上!メンバー登録FREEです
「焼酎&泡盛スタイル女子部」
「焼酎&泡盛スタイル男子部」

mayuko
ライター。ウェブマガジン「焼酎&泡盛スタイル-shochu&awamori STYLE-」では、イベントやファッションに関する記事を中心に執筆。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう