【焼酎女子・泡盛女子のためのテキスト】アルコールと水の関係性

《焼酎女子・泡盛女子のためのテキスト「ほろ酔い女子のためのテキスト」》焼酎スタイリスト&ファッションスタイリストyukikoさんと美容のプロフェッショナルがお届けする國酒の美容コラム。ウェブマガジン「焼酎&泡盛スタイル」連載

「焼酎・泡盛をオシャレに楽しみたい!」という焼酎女子、泡盛女子を応援する《ほろ酔い女子のためのお酒のテキスト》です。”時流”に合ったお酒の楽しみ方をファッション・美容に精通する専門メンバーと編集部で全国の女性をサポート!この時期から意識したい美容ポイントが満載!東京から全国の女子に向けてお届けする「焼酎女子テキスト」「泡盛女子テキスト」、みんなでお酒を賢く美しく楽しむ方法を実践しましょう!

指南役はライフスタイルエステティシャンとして活躍しているnanakoさんです!最後にはミニクイズもありますよ!

”キレイ”をつくるためのに知っておきたい、アルコールと水の関係性

《焼酎女子・泡盛女子のためのテキスト「ほろ酔い女子のためのテキスト」水とアルコールの関係》焼酎スタイリスト&ファッションスタイリストyukikoさんと美容のプロフェッショナルがお届けする國酒の美容コラム。ウェブマガジン「焼酎&泡盛スタイル」連載

お酒を楽しむことと「スタイルを良くしたい」や「美肌になりたい」などの美容とのバランスって難しいと思っていませんか?

「ダイエット中だから」「明日の朝、むくんだら嫌だから」「最近お腹が出てきたから」と言って断るのは、楽しみが減ってしまうようで寂しい……。だからといってきれいなることも諦めたくない。お酒を楽しみながら明日の”キレイ”を作るために知っておきたい「アルコールと水」についての基礎知識をお届けします。

お酒の席をお洒落に楽しんだ翌朝、寝起きの顔がパンパンにむくんだり、肌のくすみを防いでくれるのが「水」です。

むくみやくすみの原因はアルコールの利尿作用と関係があります。アルコールには利尿作用があるので、飲酒をするとトイレの回数が多くなります。アルコールの種類や濃度によって差がありますが、お酒の量と同量の水分が排泄されるといわれています。

焼酎スタリスト、ライフスタイルエステティシャンも実践中!プロが伝える「美」の秘訣

この時に排泄される水分は飲んだお酒に含まれる水分ではなく、血液中に溜められていた水分を排泄することになります。これにより血液中の水分が減ってしまうと脱水状態になりやすく、血液の循環が悪い状態になり、アルコールの成分「アセトアルデヒド」や体内の老廃物が排泄されず、翌朝のむくみやくすみとなるのです。

これを防いでくれるのが「水」です。お酒を飲む時は同量の水を一緒に飲むことをおすすめします。アルコールの利尿作用で水分を排泄したとしても、水を飲んでいれば脱水状態にならずに老廃物も排泄されて、むくみやくすみの防止につながります。さらに二日酔いにもなりにくくなります。

水を飲みながらお酒を飲むのが苦手な方は、お酒を「飲む前」と「飲んだ後」さらに「寝る前」にコップ1杯の水を飲むようにしてみましょう。

ちょっとした日々の工夫で美容に磨きをかけることができます。”ほろ酔い女子”の皆さんもぜひ実践してみて下さいね。

「焼酎女子のテキスト」「泡盛女子のテキスト」ここまでのまとめ

《焼酎女子・泡盛女子のためのテキスト「ほろ酔い女子のためのテキスト」》焼酎スタイリスト&ファッションスタイリストyukikoさんと美容のプロフェッショナルがお届けする國酒の美容コラム。ウェブマガジン「焼酎&泡盛スタイル」連載

さて、ここまで読んでもらった”ほろ酔い女子”の皆さんに、復習クイズです。

【1】お酒を楽しむ時に摂取したい、水を飲む量の目安は?

”時流”に合ったお酒の楽しみ方をファッション・美容に精通する専門メンバーと編集部で皆さんをサポート!東京から全国の女子に向けてメディア発信する焼酎スタイリスト&ファッションスタイリストyukikoさん筆頭にお届けする「焼酎女子テキスト」「泡盛女子テキスト」。ぜひお酒を賢く楽しむ方法としてテキスト代わりにチェックしてみて下さい!次回もどうぞお楽しみに!

[文]nanako(ライフスタイルエステティシャン)
[監修]yukiko(焼酎スタイリスト、ファッションスタイリスト)

[編集]ウェブマガジン「焼酎&泡盛スタイル-shochu&awamori STYLE-」編集部


◆日本のお酒をみんなで応援!

「焼酎&泡盛」をオシャレに楽しむイベント情報も先行配信! 読者モニターや読者プレゼントにも応募できます。(登録無料)

「焼酎&泡盛応援メンバー登録」はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ライフスタイルエステティシャン。専門学校やセミナーでエステティック・アロマテラピーの講師としても活動。フェイシャル・ボディ・アロマテラピーの施術から、化粧品学、栄養学、皮膚学、生理解剖学を専門とする。プライベートエステ&骨格美容サロンのオーナーとしても活躍し、現代女性のライフスタイルに寄り添った美容の在り方を提唱する。ボディメイク系コンテストに3年間8大会に出場し、選手としてのトレーニングと減量経験を元に健康的なダイエットの指導にも力を注ぐ。