【東京と地域をつなぐ】”時流”に合った本格焼酎の楽しみ方を「焼酎アンバサダー」が情報発信!

2018年2月10日(日)ホテルニューオータニ(千代田区紀伊町)で行われた女性限定イベントに、「焼酎アンバサダー」による〈女性におすすめの本格焼酎〉が紹介されました。現代を生きる女性に向けて”時流”に合った本格焼酎・泡盛を紹介するスペシャル企画です。解説を務めたのは、「蔵元公認 焼酎アンバサダー」として活躍する焼酎スタイリストyukikoさん。企業の販促アドバイザーや商業色彩のコーチングも行っているクリエイターが、伝統文化産業「焼酎」の注目しておきたい”今”と”未来”について情報発信しました。今回は、ホテルニューオータニで行われた神楽坂女子倶楽部ランチ会の”焼酎タイム”での様子と合わせて、「蔵元公認 焼酎アンバサダー」の活動や東京女性の焼酎コメントをお届けします!

“時流を掴む”とは何か――伝統文化産業が表す、これからの日本女性

本格焼酎や泡盛は清酒と同じように、日本のお酒「國酒」として認められています。日本女性として、これからの時代をどのように伝統文化と向き合っていくか…イベントに参加された女性約80名の前に焼酎スタイリストyukikoさんが登壇しました。ステージ上には、アンバサダー兼ナビゲーターとしてyukikoさん自ら選定した注目の本格焼酎が並びます。

「今回は2018年上半期に皆さんに注目してほしい、”時流”にあった本格焼酎を紹介します」yukikoさんの声によって、皆さんの関心が高まります。ホテルニューオータニの会場にいる80名の女性を一気に惹きつけ、今回注目の銘柄を説明していきます。

おすすめの本格焼酎として紹介されたのは、鹿児島県にある国分酒造と八千代伝酒造の芋焼酎です。2つの蔵元の代弁者「蔵元公認 焼酎アンバサダー」としてイベントに登場するyukikoさんが、女性参加者に焼酎の美味しさや楽しさを適格に伝えます。

「まずは、”時流”に合った思考を持つことが大事です」とyukikoさん。現役のファッションスタイリスト&カラーコンサルタントとして活動しているため、クライアントのHPや商品パッケージなど販促アドバイスをする立場上、時代の変化には常に敏感でありたいそうです。 yukikoさんが実践している”時流”を掴むコツも語られました。

昨年秋に「現代の名工」に認定された国分酒造の杜氏・安田宣久氏の紹介もありました。「現代の名工」とは日本国内で卓越した技能を持ち、業界で第一人者とみなされる技能者を表彰するものです。参加女性の中には「そういう人たちを称える「現代の名工」という制度があることすら知らなかった」という方も多かったようです。

優れた技術によって生み出される本格焼酎。本格焼酎が人の手によって時間をかけて造られている”日本の伝統文化産業”ということが参加者にあらためて認識された瞬間でした。

伝統文化である「焼酎」に対して馴染みのない方であっても、yukikoさんが”時流”に合ったお酒として紹介する銘柄に注目が集まり、皆さんから「飲んでみたい!」との声が挙がっていました。

大盛況!ホテルスタッフも驚く、焼酎ブースの人気ぶり!

今回”時流”に合った本格焼酎として紹介されたのは国分酒造株式会社と八千代伝酒造株式会社の銘柄です。焼酎を普段あまり召し上がらない方も多いこともあって、あらかじめ今回の蔵元や銘柄について知っている女性は少なかったものの、yukikoさんの説明後はあっという間に人だかりに!皆さんの関心度が伺えます。

順番待ちが出るほどの盛況で、皆さんとのコミュニケーションを取りながらyukikoさんは各蔵の説明を加えていきます。

ここからは、皆さんから寄せられた感想を一部ご紹介します。

「本格焼酎がこんなにも美味しいものだとは初めて知った!」

「yukikoさんセレクトのお酒なら間違いない!安心感がある」

「実は、yukikoさんの”焼酎インスタ”のフォロワーなんです。お酒選びの参考にしています」

「銘柄を知らなくても、yukikoさんが紹介するなら飲んでみたいと思う!そして、やはり期待を裏切らない美味しさ!」

「蔵元との信頼関係が伝わってきて、”蔵元公認 焼酎アンバサダー”という立場がとても理解できる。説明も分かりやすいし、yukikoさんに紹介される銘柄もきっと嬉しいと思う」

特徴的だったのは、焼酎について知らない方や普段召し上がらない方でも「yukikoさんが紹介する銘柄なら、美味しいだろう」というきっかけでブースにお越しになる方が多かったことです。yukikoさんのいる焼酎ブースを大きな円として、その中に参加者の方々が個々に円をつくって焼酎を飲んでいる……そのような女性コミュニティが出来上がっていました。


銘柄に関しても、多くのコメントが届いています。

「芋焼酎「安田」はキンキンに冷やした飲み方がとても美味しくてビックリしました!香りも良く、飲みやすかった」

「芋焼酎「八千代伝 黒」は深い味わいがあって美味しい!自宅でゆっくりとお湯割りを楽しみたい味!」

「飲食店でも、今回の銘柄を探して注文したい」

「2蔵の違いをとても分かりやすく紹介してくれたので、とても勉強になった。2蔵のファンになりました!まずはこの2蔵の銘柄を飲んで応援していきたい!」

「八千代伝酒造の取り組みを応援したい。蔵元さん、頑張って!」

「新しい発見があって、本当に楽しかった。自宅でも飲みたい」

「ホームパーティーで使いたい!買います!」

「友人に勧めたい!銘柄のファンになった」

「yukikoさんが薦めてくれる焼酎はどれも美味しかった!」

「八千代伝酒造「黄色い椿」は春らしくて良いですね。ラベルデザインもきれいで温かみがある。好きな銘柄になった」

「国分酒造の「蔓無源氏」が気に入りました。自宅用に購入してお湯割りを楽しみたい!」

「芋麹で造られた焼酎を初めて飲みました。「いも麹 芋」はキリッとロックや水割りがいい」

「普段なかなか見ることがない銘柄が揃っていて、とても貴重な時間でした。美味しくいただきました」

「今まで焼酎が飲めなくて敬遠していたのですが、yukikoさんの説明を聞いていたらとても飲みたくなり、今回チャレンジしてみました。飲めた自分にビックリ!今までが何だったの??今回教わったコツを自宅でも試してみようと思います!」

「焼酎デビューができた!yukikoさん、ありがとう!」

「家飲みしたい美味しさ!こんなにも焼酎が甘く柔らかく感じたことはなかった」

ホテルスタッフの方からも「yukikoさんのまわりはいつも大盛況ですね。給仕をしながら、ついつい話に耳を傾けてしまいます(笑)」女性を惹きつけるyukikoさんの巧みな説明と豊富な情報は、飲食業やサービス業に関わる方にも関心を持たれ、活かせる情報のようです。

蔵元から任され、女性から支持される関係性。信頼関係の強い情報発信は「唯一無二」

焼酎に馴染みのない方も、初めて目にする銘柄に高い関心を示していました。「とにかくyukikoさんがセンス良く商品を厳選していると思う。単純に”これがおすすめ”という紹介ではないし、蔵元との対等な信頼関係が伝わってくるから自然と「今、飲んでみたい」と思えるんですよね」

この感想は、焼酎スタイリストyukikoさんの「蔵元公認 焼酎アンバサダー」という役割をとても分かりやすく表しているかもしれません。

蔵元から大事な商品を託され、焼酎に馴染みのない女性から「yukikoさんが紹介するなら飲んでみたい」と思ってもらえる信頼関係。「唯一無二」という言葉があるように誰も真似ができないのではないかと思ってしまうほど、皆さんから好評価の感想が挙がっていました。託した蔵元も嬉しいのではないでしょうか。

yukikoさんに聞いてみたところ「スタイリストとして15年のキャリアが経っていますが、私には初期から持ち続けている活動指針があります。それは〈生産者-販売店・飲食店―メデイア―エンドユーザー〉のつながりが有効に広がる関係性を築く仕事をすること。もともと私のスタイリストとしてのキャリアも酒造業界ではなく他業界からスタートしています。現在もその目標に向かって挑戦中なんです。ありがたいことに、今は、その方針を理解してくれる蔵元や業界関係者、女性の皆さんが大勢いてくれることが私の活動の原動力なんです」

何よりも、yukikoさんが蔵元やエンドユーザーを信頼しているようです。取材後、思わずyukikoさんのインスタグラムをチェックしてしまいました。そこにはyukikoさんが好んで飲んでいると思われる銘柄や注目銘柄も載っています。蔵元や飲食店と〈生産者-販売店・飲食店―メデイア―エンドユーザー〉のつながりが有効に広がる関係性を築いている写真が豊富に掲載されていました。

焼酎に興味のある方、焼酎や泡盛初心者の皆さんも、yukikoさんの日々の様子を参考に焼酎選びをしてみてはいかがでしょうか。(今回の関連写真や銘柄も掲載されていました!探してみて下さいね)

■焼酎スタイリストyukikoさんの「國酒インスタグラム」はこちらから
( #焼酎スタイリスト #焼酎泡盛スタイル からも検索できます)

 

【文】mayuko【撮影】YUKARI
【焼酎アンバサダー、ナビゲーター】yukiko(ユキコ / 焼酎スタイリスト、ファッションスタイリスト)
【会場】ホテルニューオータニ/神楽坂女子倶楽部
【國酒企画協力・お問合先】色彩総合プロデュース「スタイル プロモーション」

※写真の無断転用、二次使用はお断り致しております。ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。
※焼酎イベントや販促支援に関するご相談は、
焼酎スタイリストyukiko氏(スタイルプロモーション)に直接ご相談下さい。

 

《焼酎女子旅やプレゼント応募、イベント参加もできるコミュニティサイト》

「焼酎&泡盛応援メンバー登録」はこちら

現在それぞれ1,000人以上!メンバー登録FREEです
「焼酎&泡盛スタイル女子部」
「焼酎&泡盛スタイル男子部」

mayuko
ライター。ウェブマガジン「焼酎&泡盛スタイル-shochu&awamori STYLE-」では、イベントやファッションに関する記事を中心に執筆。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう